for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新海誠監督「すずめの戸締まり」、ベルリン映画祭コンペ部門に

 第73回ベルリン国際映画祭の出品作品が23日発表され、最高賞に当たる「金熊賞」を争う長編コンペティション部門に新海誠監督のアニメ「すずめの戸締まり」がノミネートされた(2023年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)

[ベルリン 23日 ロイター] - 第73回ベルリン国際映画祭の出品作品が23日発表され、最高賞に当たる「金熊賞」を争う長編コンペティション部門に新海誠監督のアニメ「すずめの戸締まり」がノミネートされた。

国内メディアによると、日本のアニメ作品のコンペ部門出品は2002年に金熊賞を獲得した「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)以来21年ぶり。映画祭の芸術ディレクターを務めるカルロ・シャトリアン氏は、新海監督を「青春の詩人」と称して評価した。

コンペ部門には計18作品がノミネートされている。

また、米俳優・映画監督のショーン・ペン氏がウクライナのゼレンスキー大統領を描いたドキュメンタリー「Superpower(スーパーパワー)」が上映されることも発表された。

今回の映画祭では、ウクライナとイランの自由を求める戦いに焦点を当て、両国の映画が数十本上映されるという。

このほか、スティーブン・スピルバーグ監督が生涯功労賞を受賞する。

映画祭は2月16─26日に開催される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up