May 27, 2019 / 7:00 AM / 22 days ago

S・スタローン、「俳優になれるとは思ってなかった」

 米俳優シルベスター・スタローンさん(72)は24日、生まれつき言語障害があったため映画界で成功するとは思っていなかったと語った。25日、カンヌ国際映画祭で撮影(2019年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[カンヌ(フランス) 24日 ロイター] - 米俳優シルベスター・スタローンさん(72)は24日、生まれつき言語障害があったため映画界で成功するとは思っていなかったと語った。

スタローンさんは、1976年にアカデミー賞を受賞したボクシング映画「ロッキー」で一躍有名に。「ランボー」などでハリウッド最大のアクションスターの1人になった。ただ映画俳優として駆け出しの頃は、言葉の障害に悩まされたという。

カンヌ国際映画祭での記者会見で「仕事に得ようとした時、監督に『何を話しているんだ。それは何語だ』と言われた」と述べ、「(オーストリア出身の俳優)アーノルド・シュワルツェネッガーさんに『君にはなまりがある』と言われた時、それが悪いことだと分かった」と話した。

そこでスタローンさんは「なまりだって、と聞き返した。本当の話だ。アーノルドとわたしは、話し方教室を開いた方がいいと思う。完璧な教室になるはずだ」と話した。

いまや、その不明瞭な話し方は、たくましい体つきと同様、トレードマークとして広く知られるようになった。

ランボーシリーズの完結編「Rambo V: Last Blood(原題)」は米国で9月に封切られる予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below