May 15, 2019 / 3:42 AM / 7 days ago

カンヌ国際映画祭、ジャームッシュ監督のゾンビコメディーで開幕

 フランス南部のカンヌで14日、第72回カンヌ国際映画祭が開幕し、オープニング作品として米国のジム・ジャームッシュ監督(写真中央)の新作「The Dead Don't Die(原題)」が上映された。ビル・マーレイ(左)、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、ダニー・グローバー、セリーナ・ゴメスら華やかなキャストが出演する(2019年 ロイター//Jean-Paul Pelissier)

[カンヌ(フランス) 14日 ロイター] - フランス南部のカンヌで14日、第72回カンヌ国際映画祭が開幕し、オープニング作品として米国のジム・ジャームッシュ監督の新作「The Dead Don't Die(原題)」が上映された。

変哲もない小さな町にゾンビが襲来し、警官役のビル・マーレイや住民らが戦うコメディ。ほかにティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、ダニー・グローバー、セリーナ・ゴメスら華やかなキャストが出演する。

コンペティション部門に出品されるのは、クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(日本公開2019年秋)、スペインのペドロ・アルモドバル監督の「Dolor y gloria(英題Pain and Glory)」、ケン・ローチ監督の「Sorry We Missed You(原題)」など21本。最高賞「パルムドール」を競う。日本からの作品は入っていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below