for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゼレンスキー氏「映画は自由の側に」、カンヌ映画祭開幕で演説

 第75回仏カンヌ国際映画祭が17日、南仏カンヌで開幕した。開会式ではロシアの侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領がビデオ演説し、映画界に戦争反対の声を上げるよう呼びかけた(2022年 ロイター/ERIC GAILLARD)

[カンヌ(フランス) 17日 ロイター] - 第75回仏カンヌ国際映画祭が17日、南仏カンヌで開幕した。開会式ではロシアの侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領がビデオ演説し、映画界に戦争反対の声を上げるよう呼びかけた。

ゼレンスキー氏は、第二次世界大戦にナチスドイツのヒトラーを風刺したチャップリンに触れ、「今の映画はサイレント(無声)でないことを示すために新たなチャップリンが必要だ」とし、「映画は常に自由の側に立つ」と訴えた。

28日まで開催される今年のカンヌ映画祭は、「アーティスト」のミシェル・アザナヴィシウス監督が手掛けたゾンビ映画「キャメラを止めるな!」で幕開けた。同作は上田慎一郎監督の「カメラを止めるな!」の仏リメーク版。

また、34年ぶりの続編となるトム・クルーズ主演の「トップガン マーヴェリック」などが公開されるほか、最高賞「パルムドール」などを競うコンペティション部門には是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」もノミネートされている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up