July 26, 2019 / 1:39 AM / 4 months ago

ベネチア映画祭、是枝監督作などがコンペ部門に 金獅子賞競う

 来月開幕するベネチア国際映画祭で、是枝裕和監督による「真実」を含む21作品が、最高賞の金獅子賞を競うコンペティション部門に出品されることが明らかに。写真は映画祭の主催者ら。ローマで撮影(2019年 ロイター/Remo Casilli)

[ミラノ 25日 ロイター] - イタリアで来月開幕する第76回ベネチア国際映画祭で、是枝裕和監督による「真実」を含む21作品が、最高賞の金獅子賞を競うコンペティション部門に出品される。主催者が25日に発表した。

「真実」はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークらが出演し、ベネチア映画祭のオープニング作品でもある。日本公開は10月11日。

このほかコンペティション部門には、宇宙を舞台としたブラッド・ピット主演作「アド・アストラ」(日本公開9月20日)、スティーブン・ソダーバーグ監督のスリラー「The Laundromat(原題)」、ホアキン・フェニックス主演の「ジョーカー」(同10月4日)、オダギリジョーが出演した、中国のロウ・イエ監督作「サタデー・フィクション」などが出品される。

ベネチア映画祭は8月28日から9月7日まで開催される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below