October 12, 2018 / 4:37 AM / 10 days ago

仏研究者が携帯端末用「人工指」開発、ネットには「キモイ」の声も

[パリ 11日 ロイター] - フランスのテレコム・パリステックの研究員マルク・ティーシエさんが、携帯電話にプラグを挿すと動く人工指「MobiLimb」を開発した。

この指は本物そっくりで、携帯電話を引っ張って台の上を移動したり、友人と話す際に遠隔操作でこの指を動かし、相手の手首を優しく叩いたりできる。

ティーシエ氏は、「私の博士号の研究テーマはコミュニケーションに伴う接触。現実世界で人と話すときには、腕を軽く叩くなど、互いに接触して感情を伝えている。だが携帯端末やコンピューターを通じた交流では、まったく接触がない。そこで、人とコンピューターの間にいかにして接触を導入するかというところから始めた」と説明した。

しかし人々の反応については、「みな、気持ち悪いと言う。実際、たしかにそうだ。人間と交流するときは、指や動きを使って接触する。だがそれを携帯端末に組み込むと、常軌を逸して気持ちが悪いと言われる」と述べた。

ティーシエ氏は、人工指はあまりにも人間的である一方、完全に人間的ではないため「われわれがどう反応すれば良いか分からない」と分析。だがいつの日か、人が人間やペットと同様、物とも交流するときがくると想像し、台所に入って冷蔵庫にハグされる日がくるかもしれないと述べた。

 10月11日、フランスのテレコム・パリステックの研究員マルク・ティーシエさんが、携帯電話にプラグを挿すと動く人工指「MobiLimb」を開発した。写真は9日撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below