December 18, 2019 / 12:37 AM / 2 months ago

フィンランド中銀、経済成長予測を下方修正

[ヘルシンキ 17日 ロイター] - フィンランド中央銀行は17日、今年の経済成長予測を7月時点の1.6%から1.3%に下方修正した。世界経済の低迷を理由に挙げた。

来年の予測も前回の1.5%から0.9%に、21年は同1.3%から1.1%にそれぞれ引き下げた。フィンランド統計局によると、昨年の経済成長率は1.7%だった。

中銀は声明で「世界の経済活動が鈍化する中、フィンランドの好景気は終わり、成長は一時的に勢いを失いつつある。しかし、経済成長が継続する可能性もなお残されている」との見方を示した。

レーン中銀総裁は記者会見で、フィンランド経済は依然として過度期にあり、その中で2つの大きな構造的再編に適応しなくてはならないと指摘。「こうした懸念の一つは高齢化。もう一つは経済が2007年に被った衝撃から完全に立ち直っていない点だ」と説明した。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below