November 20, 2019 / 3:48 AM / 23 days ago

フィンランドの2023年財政均衡化に疑問=IMF

 11月19日、国際通貨基金(IMF)は19日、フィンランド政府が2023年までに財政収支を均衡化する目標を達成する能力があるか疑問との見解を示した。写真はIMFのロゴ。チリのサンティアゴで7月撮影(2019年 ロイター/Rodrigo Garrido)

[ヘルシンキ 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は19日、フィンランド政府が2023年までに財政収支を均衡化する目標を達成する能力があるか疑問との見解を示した。

IMFは同国の経済見直しで、「フィンランド政府は、主に雇用拡大によって2023年までに財政収支の均衡化を図るとしている。しかし、われわれの成長・雇用見通しでは、2023年時点でまだ国内総生産(GDP)の1%前後に相当する借り入れが必要と考えられる」と指摘した。

フィンランドは手厚い福祉政策を維持するために財政支出を強化しており、9月には財政赤字を20億ユーロとする2020年度予算を承認した。

リンネ首相率いる社会民主党政権は、2023年までに6万人の雇用創出により就業率を9月時点の72.8%から75%に押し上げて財政均衡化を果たすとしているが、これまでのところ成果はでていない。

IMFの担当者はヘルシンキで記者会見し、「今後も財政の持続性に目を光らせるべきだ。2023年に財政が均衡化されない事態は、可能性として存在している」と述べた。

IMFはフィンランドの経済成長率について、2019年は1.25%、20年は1.5%と予想している。

フィンランド統計局によると、18年の成長率は1.7%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below