October 7, 2019 / 9:58 AM / 10 days ago

フィンランド、経済成長予測を下方修正 今年2度目

 10月7日、フィンランド財務省は経済成長率の予測を下方修正した。下方修正は今年2度目。写真はヘルシンキで2017年5月撮影(2019年 ロイター/Ints Kalnins)

[ヘルシンキ 7日 ロイター] - フィンランド財務省は7日、経済成長率の予測を下方修正した。下方修正は今年2度目。輸出の急減が理由。

今年の経済成長率予測は1.6%から1.5%に、来年は1.2%から1.0%にそれぞれ修正した。

同省は6月にも今年の経済成長率予測を1.7%から1.6%に、来年の経済成長率予測を1.4%から1.2%にそれぞれ下方修正していた。

同省は「海外経済に悪いニュースが出ているが、フィンランド経済の短期的な見通しは引き続き良好だ」との見解を示した。

フィンランド政府は世界経済の減速から国内経済を守るため、歳出拡大と増税を進める意向。

同省は「増税による歳入増加を上回るペースで歳出を拡大する。全体としては2023年の水準で財政全体が約4億ユーロ悪化する」との見通しを示した。

「今後は、内需主導で景気がさらに拡大する」とも表明。輸出については「主要国の貿易摩擦が世界貿易に影響を及ぼし、フィンランドの輸出にも間接的な影響が出る」との見方を示した。

統計局によると、2018年の同国の経済成長率は1.7%、2017年は3.0%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below