for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィンランド、グッゲンハイム美術館建設計画を破棄

 10月19日、フィンランド政府は、ヘルシンキのウォーターフロントにグッゲンハイム美術館を建設する計画を、財政上の理由から破棄した。シピラ首相(写真)が明らかにした。写真は9月撮影(2016年 ロイター/Yves Herman)

[ヘルシンキ 19日 ロイター] - フィンランド政府は、ヘルシンキのウォーターフロントにグッゲンハイム美術館を建設する計画を、財政上の理由から破棄した。シピラ首相が明らかにした。

連立与党の一角である保守政党「真のフィンランド人」が、建設費用の予算拠出に反対したため。グッゲンハイム財団が発表した建設計画は1.2億─1.4億ユーロ(137億─160億円)の費用がかかるもので、このうち4000万ユーロを政府が負担することになっていた。

首相は、この計画はなくなったのかとの質問に「政府はこの計画を提案しない。財政的な理由だ。現時点では投資する可能性はない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up