for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクG、中南米仮想通貨交換所に2億ドル出資

 7月1日、ソフトバンクグループ(SBG)は、中南米最大級の暗号資産(仮想通貨)交換所メルカド・ビットコインに2億ドルを出資した。写真は同社のロゴ。2月に都内で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)は、中南米最大級の暗号資産(仮想通貨)交換所メルカド・ビットコインに2億ドルを出資した。メルカドの親会社2TMグループのダグノニ執行会長兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

今回の「シリーズB」資金調達ラウンドに出資したのはソフトバンク・ラテンアメリカ・ファンドで、SBGの中南米地域における仮想通貨関連企業への投資として過去最大規模。これにより2TMの企業価値は21億ドルに達した。

足元では中国や英国、日本などで仮想通貨取引に対する当局の締め付けが強まり、投資家の心理は悪化傾向にある。

それでもダグノニ氏はロイターの電話インタビューで「われわれは仮想通貨のファンダメンタルズを強く信じている」と語り、動揺をみせていない。

メルカド・ビットコインは調達資金を事業拡大や地域の仮想通貨需要増大に対応するためのインフラ整備に充てるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up