for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FTX創業者、13日の議会証言は責務=米下院金融委員長

12月5日、米下院金融委員会のウォルターズ委員長は5日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの創業者で前最高経営責任者(CEO)のサム・バンクマンフリード氏に対し、12月13日に開かれる公聴会への出席は「責務」として、証言を求めた。写真はFTXのロゴ。米マイアミで11月撮影(2022年 ロイター/Marco Bello)

[5日 ロイター] - 米下院金融委員会のウォルターズ委員長は5日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの創業者で前最高経営責任者(CEO)のサム・バンクマンフリード氏に対し、12月13日に開かれる公聴会への出席は「責務」として、証言を求めた。

バンクマンフリード氏は4日、同委員会での証言について、破綻に至った経緯の「把握と検証」が終われば行うが、13日までにそうなるかは分からないとツイッターに投稿していた。

ウォルターズ委員長はこのツイートへの返信で、「CEOとしての立場から見ても、過去数週間のメディアインタビューから見ても、これまでにあなたが入手している情報は明らかに証言に充分なもの」と投稿。

さらに「13日の公聴会出席は責務。その後さらに共有すべき情報が出た場合は、継続して公聴会を設定する意思がある」と投稿した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up