for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FTX創業者や「広告塔」相手に米投資家が集団訴訟、大坂選手も対象

 11月15日、仮想通貨を取引する米国の投資家は、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの創業者サム・バンクマンフリード氏や、広告塔となった有名人らを相手取る集団訴訟を起こした。写真はイメージ。10日撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[16日 ロイター] - 仮想通貨を取引する米国の投資家は15日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの創業者サム・バンクマンフリード氏や、広告塔となった有名人らを相手取る集団訴訟を起こした。FTXの高金利口座サービスを売り込むため、詐欺的な手法を採用していたと主張している。

訴訟の対象は、バンクマンフリード氏のほか、11人のスポーツ選手や有名人ら。プロテニスの大坂なおみ選手やアメリカンフットボールのトム・ブレイディ氏らも被告となっている。

訴状では、高金利口座は有価証券の取引所として登録されておらず、米国内で違法に販売されていたと主張。投資家らはFTX破綻により計110億ドルの損害を被ったとしている

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up