for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界最大ステーブルコインのテザー、米国債保有拡大

暗号資産(仮想通貨)の一種であるステーブルコイン最大手の「テザー」の発行主体は19日、裏付け資産として米国債の保有を増やし、リスクが高めの資産を減らしたと明らかにした。写真は5月12日撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ロンドン 19日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)の一種であるステーブルコイン最大手の「テザー」の発行主体は19日、裏付け資産として米国債の保有を増やし、リスクが高めの資産を減らしたと明らかにした。

別のステーブルコイン「テラUSD」のドルと1対1のペッグ(固定)が先週に崩壊し、仮想通貨市場に動揺が広がったことから、価格が安定するよう設計されたステーブルコインの動向に注目が集まっている。

テラUSDの売りは他のステーブルコインにも波及し、コインマーケットキャップのデータによると、テザーもドルと1対1のペッグを維持できず、一時0.95ドルに下落。その後、持ち直した。

テザーの発行主体によると、第1・四半期に裏付け資産として保有する米国債は13%強増やし、392億ドルとした。リスクが高めのコマーシャルペーパー(CP)の保有は約17%減らして201億ドルになった。

3月31日時点の保有資産は824億ドルに上り、負債は約823億ドルとなった。パオロ・アルドイノ最高技術責任者(CTO)によると、第1・四半期の報告書を作成した後も、CP保有を追加で20%減らした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up