for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビットコインが一時4万1000ドル割れ、9月下旬以来の安値

 暗号資産(仮想通貨)ビットコインが7日の取引で一時5%下落し、昨年9月下旬以来の安値を付けた。写真はイメージ。昨年11月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 7日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)ビットコインが7日の取引で一時5%下落し、昨年9月下旬以来の安値を付けた。仮想通貨が幅広く売られる中、4万1000ドルを割り込んだ。

9月29日以来の安値である4万0938ドルを付けた後、直近では3.7%安。11月に付けた過去最高値6万9000ドルから40%超下落している。

ビットコインのネットワークの計算能力が今週、世界的に急激に落ち込んでいる。燃料価格引き上げに抗議するデモが拡大し政府が全土に非常事態を宣言した中央アジア・カザフスタンが今、米国に次ぐ世界第2位のビットコイン採掘(マイニング)の拠点に急成長していたためだ。5日に全土でインターネットが遮断されたことが影響したと指摘されている。

また、5日に公表された米連邦準備理事会(FRB)最新会合の議事要旨でタカ派姿勢が示されたことでもビットコインは圧力を受けており、リスクの高い資産に対する投資家の意欲は削がれている。

時価総額2位のイーサは一時8.6%安の3114ドルと、10月1日以来の安値を付けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up