for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NFT盗難額、1年で1億ドル超え 実被害さらに大規模か=民間分析

 ブロックチェーン分析会社のエリプティックは24日、複製不能なデジタル資産であるNFT(非代替性トークン)の盗難被害が7月までの1年間で1億ドル(約137億円)を超えたと明らかにした。写真はニューヨークにあるNFT自動販売機。3月撮影(2022年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[ロンドン 24日 ロイター] - ブロックチェーン分析会社のエリプティックは24日、複製不能なデジタル資産であるNFT(非代替性トークン)の盗難被害が7月までの1年間で1億ドル(約137億円)を超えたと明らかにした。

NFTはブロックチェーンを利用した画像、動画、テキストなどのデジタル資産。

価格上昇に伴い投機家が多額の資金を投じたことから、NFT市場は2021年に急騰。しかし、今年5月以降に暗号資産(仮想通貨)が急落してからNFTの価格と販売も大幅に縮小している。

エリプティックのリポートによると、NFT市場が下落しても詐欺は横行しており、NFT盗難事件数は7月に過去最高を記録した。

交流サイト(SNS)を経由したセキュリティー侵害が急増しており、今年のNFT盗難の23%を占めるという。

1事件当たりの被害額は平均30万ドルに上り、全ての犯罪が公になっていないことを踏まえると、盗難規模はさらに大きくなる可能性がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up