January 18, 2018 / 2:07 AM / 9 months ago

トランプ政権の暴露本「炎と怒り」、テレビドラマ化へ

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - コラムニストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した米トランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」がテレビドラマ化される見通しになった。バラエティーやハリウッド・リポーターなど米エンタメ情報誌が17日報じた。

1月17日、コラムニストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した米トランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」がテレビドラマ化される見通しになった。複数のエンタメ情報誌が報じた。写真は11日撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)

報道によると、ハリウッドの娯楽会社「エンデバー・コンテント」が権利を取得し、テレビシリーズ化を計画している。

同シリーズはウォルフ氏がエグゼクティブ・プロデューサーを務める予定で、多くのネットワークが関心を示すとみられている。キャスティングや放映時期は未定だが、早くもホワイトハウスの主要メンバーを誰が演じるのか話題になっている。

昨年8月の解任まで政権の首席戦略官・上級顧問だったスティーブ・バノン氏のインタビューなどを基に書かれた「炎と怒り」は、5日の発売から1週間で、米国で2万8000部以上売れた。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below