September 7, 2015 / 12:23 AM / 5 years ago

モジラ財団から未公開のバグ情報流出、ハッカーが不正アクセス

[4日 ロイター] - ウェブブラウザー「Firefox(ファイアフォックス)」を開発した米モジラ財団は4日、バグ管理システム「Bugzilla(バグジラ)」が不正アクセスを受けてセキュリティー関連の未公開情報が流出したことを明らかにした。

不正アクセスに使用されたアカウントは攻撃が確認された直後に閉鎖されたとしている。

ハッカーが入手したバグ情報を基に脆弱(ぜいじゃく)性を利用することで、機密情報を含んだファイルの検索やサーバーへのアップロードが可能になっていた可能性があるという。

モジラは、8月27日リリースのFirefoxで、流出したすべての脆弱性が修正されたとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below