for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーストリテ、9―11月期は23%営業増益 コロナ不透明で通期据え置き

[東京 14日 ロイター] - ファーストリテイリングは14日、2020年9―11月期(国際会計基準)の連結営業利益が前年同期比23.3%増の1130億円と大幅増益になったと発表した。国内や中国を中心とするグレーターチャイナ地域でのユニクロ事業が好調に推移した。足元では計画を上回って推移しているものの、新型コロナウイルス感染症の動向が不透明なため、21年8月期通期見通しは据え置いた。

ファーストリテイリングは14日、20年9―11月期(国際会計基準)の連結営業利益が前年同期比23.3%増の1130億円と大幅増益になったと発表した。国内や中国を中心とするグレーターチャイナ地域でのユニクロ事業が好調に推移した。写真は、都内に新たにオープンしたユニクロショップ。2020年6月19日に撮影。(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

国内ユニクロ事業は、9―11月期に同55.8%の営業増益となった。

新型コロナ感染拡大の影響による在宅の増加に対応した商品などが好調で、既存店売上高は7.3%増となった。期初には通期で4%増を想定しており、足元は、これを上回って推移している。Eコマース(電子商取引)は同48.3%増の367億円に拡大した。

また、海外ユニクロ事業は、売上収益が計画を若干下回ったものの、粗利益率の改善や経費効率化で9.5%増益と好調を維持。

中国や台湾がけん引してグレーターチャイナは増収・大幅増益となった一方で、東南アジアやオーストラリア、北米、欧州のユニクロ事業は、想定よりも大きく新型コロナの影響を受けて減収減益となった。

コロナ禍でも国内ユニクロ事業が好調に推移したことについて、岡崎健・グループ上席執行役員CFO(最高財務責任者)は会見で「生活に必要な衣料になりつつあることで、厳しい環境下でも売り上げを上げることができた」と評価した。

2021年8月期の売上収益は2兆2000億円(前年比9.5%増)、営業利益は2450億円(同64.0%増)、純利益は1650億円(同82.6%増)の見通しを据え置いた。リフィニティブがまとめたアナリスト16人の営業利益予想の平均は2632億円。

岡崎CFOは、通期計画据え置きの理由について「新型コロナの影響を見通すことが難しいため」と説明。昨年11月以降、世界中で新型コロナの感染が再拡大しているが「9―11月期が計画を上回る水準となったことで、現時点で上期(9―2月期)の業績は、計画を上回る進捗となっている」としたものの、「通期の業績予想は現時点で十分達成できる進捗と考えているが、新型コロナの感染動向が不透明なため、大きく変動する可能性がある」と指摘した。

今期の海外ユニクロの新規出店は155店(従来計画154店)、純増は95店(同119店)に修正した。

*内容を追加しました。

清水律子 編集:田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up