July 12, 2016 / 5:16 AM / 4 years ago

ポンド安で英名物フィッシュ・アンド・チップスに材料高騰の危機

英国の名物料理フィッシュ・アンド・チップスに、英国の欧州連合(EU)離脱の影響が及ぶことが懸念されている。ポンド下落で輸入品の価格上昇が予想され、材料となるタラなどの白身魚は大半が輸入されているため、その影響をもろに受けそうだ。写真は2012年5月撮影(2016年 ロイター/Eddie Keogh)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国の名物料理フィッシュ・アンド・チップスに、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の影響が及ぶことが懸念されている。ポンドが対米ドルで31年ぶり安値に落ち込み、輸入品の価格上昇が予想されるが、フィッシュ・アンド・チップスの材料となるタラなどの白身魚は大半が輸入されているため、その影響をもろに受けそうだ。

英国には1万軒以上のフィッシュ・アンド・チップス専門店があり、年間3億8000万食が提供されている。

小さな魚販売店にとって状況はなお深刻だ。英中部ベッドフォードで魚屋を営むゲーリー・フーパーさんは「仕入れ先には値段が上がるから今のうちに買っておけと忠告された。もし大きな冷凍庫があれば、今すぐ買いだめしたいのだが」とこぼす。

フーパーさんはトルコやギリシャ、スリランカ、ブラジルなどで獲れた魚類を毎週3000ポンド(約40万円)以上仕入れている。例えば、貝や甲殻類は20%の値上げを覚悟するが、それを売り値に転嫁すれば、顧客が逃げるのは目に見えている。「地元でとれた魚に切り替える努力が必要だ」と話している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below