June 17, 2020 / 1:35 AM / 19 days ago

EU独禁当局、グーグルのフィットビット買収巡り7月20日までに判断

欧州連合(EU)の反トラスト法(独占禁止法)当局は、アルファベット傘下のグーグルが計画するウエアラブル端末メーカー、フィットビットの買収を巡り、7月20日までに承認の是非を判断する方針を示した。写真は4月12日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエボで撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)の反トラスト法(独占禁止法)当局は、アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルが計画するウエアラブル端末メーカー、フィットビット(FIT.N)の買収を巡り、7月20日までに承認の是非を判断する方針を示した。

欧州委員会のウェブサイトによると、グーグルは21億ドルの買収案について15日にEUの承認を申請した。EU当局は無条件または条件付きで買収を承認するか、もしくは深刻な懸念があれば4カ月間の調査を実施する可能性がある。

グーグルはフィットビット買収により、健康管理機器やスマートウォッチの分野でアップル(AAPL.O)やサムスン電子(005930.KS)の追い上げを目指す。

プライバシーを巡る問題はEU反トラスト法当局の審査対象ではないものの、フィットビットの端末を通じて収集される歩数やカロリー消費量、移動距離などユーザーの健康に関する大量のデータや、グーグルが情報をどのように利用するかという問題は1つの焦点になるとみられている。

欧州の消費者団体BEUCは5月、この案件について、消費者の利益を損ない、革新を妨げる可能性があるとの懸念を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below