for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本国債の格付け見通し「弱含み」に、消費増税延期で=フィッチ

 6月13日、格付け機関フィッチ・レーティングスは、日本の長期および短期の発行体デフォルト格付け(IDR)「A」を確認し、見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に変更した。2015年6月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 13日 ロイター] - 格付け機関フィッチ・レーティングスは、日本の長期および短期の発行体デフォルト格付け(IDR)「A」を確認し、見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に変更した。

フィッチは声明で、見通しの変更について、安倍晋三首相が消費税増税の2年半の再延期を表明する一方、財政健全化目標達成のためのさらなる具体的措置を示しておらず、「当局の財政健全化の取り組みに対する信認が低下した」と指摘した。

フィッチは声明で、消費増税の実現性を疑問視。「アベノミクス」については、経済の潜在成長率の引き上げにはつながっていないとした上で、日本の成長停滞もまた、格付けにはマイナスとの見方を示した。

フィッチのアジア太平洋ソブリン部門を率いるアンドリュー・カフーン氏は「政府が増税延期を決定したことから、財政健全化への政府のコミットメントを再評価するに至った」と説明。「債務比率上昇が続くようなら、格付けの次の動きは下方となる可能性がある」と述べた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up