Reuters logo
NFL=選手会ディレクター、「膝つき行為は無礼ではない」
2017年10月10日 / 03:03 / 8日前

NFL=選手会ディレクター、「膝つき行為は無礼ではない」

 10月9日、NFL選手会のエグゼクティブ・ディレクターは、国歌斉唱時に選手たちが人種差別への抗議として片膝をつく行為は、国に対して無礼ではないとの見解を示した。写真はドルフィンズの選手たち。ロンドンで1日撮影(2017年 ロイター)

[9日 ロイター] - 米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)選手会のエグゼクティブ・ディレクター、デュモーリス・スミス氏は、国歌斉唱時に選手たちが人種差別への抗議として片膝をつくことは、国に対して無礼ではないとの見解を示した。

カウボーイズのオーナー、ジェリー・ジョーンズ氏は8日、国歌斉唱時に起立しない選手にはプレーさせないと発言。また、同日に行われたフォーティナイナーズ対コルツ戦では、20人以上のフォーティナイナーズの選手が国歌斉唱時に片膝をつき、観戦に訪れていたペンス米副大統領が退席するという出来事があった。

これらを受けて、スミス氏は声明で「国や国旗に無礼を働いている選手はひとりもいない。自らの考えを主張し、このような問題に立ち向かうには勇気が必要」とし、「アメフト界は家族であるとのモットーの真価が問われている」と述べた。

トランプ米大統領はツイッターで「選手が膝をついて国を侮辱した場合、退席するようペンス副大統領にお願いしていた。彼と夫人を誇りに思う」とコメント。さらに9日にも「選手たちが国に対して無礼な態度を取ったことを受けて、退席した副大統領は多大な賛辞を受けている」とツイートした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below