for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米フロリダ州のゲーム大会で銃乱射、2人死亡

[26日 ロイター] - 米南部フロリダ州ジャクソンビルで26日、オンラインゲーム大会が開かれていた会場で銃乱射事件があり、2人が死亡し、複数が負傷した。

地元警察は、大会に参加するためボルティモアから訪れていた24歳の男を容疑者と特定したが、動機についてはコメントを控えた。

警察によると、容疑者は銃を乱射した後に現場で自殺した。2人の死者に加え、11人が銃弾により負傷したほか、少なくとも2人が現場から逃げる際に負傷。多くの人が病院に搬送されたという。

乱射が起きたのはジャクソンビルのダウンタウンにあるショッピングセンター内にあるバーで、アメリカンフットボールのゲーム「マッデン19(Madden 19)」の大会開催中に複数回の発砲があった。

バーでは大会の様子をライブストリーミングしており、ソーシャルメディア上の動画では参加者の叫び声などが確認できる。

地元メディアによると、発砲した男は大会に参加していて、ゲームに負けたという。その後、他のプレーヤーに発砲したとみられる。

警察によると、ボルティモアでは米連邦捜査局(FBI)が捜査に協力している。ボルティモア・サン紙は、捜査に関連して連邦当局がボルティモア南部の住宅を調べていると報じた。

過去2年の間にフロリダ州で起きた大きな銃乱射事件はこれで3度目となる。

ホワイトハウスは、事件についてトランプ大統領は報告を受けており、状況を注視していると明らかにした。

自社が製作したゲームの大会で銃乱射事件が起きたことを受け、エレクトロニック・アーツEA.Oは、当局と協力して情報を収集していると発表した。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up