February 20, 2018 / 4:35 AM / 10 months ago

ギリシャで恒例の「小麦粉戦争」、カラフルな粉が舞う

 2月19日、アテネから200キロ西方にあるギリシャの海岸都市ガラクシディで恒例の「小麦粉戦争」の祭りが行われた。この祭りは、カーニバルが終わり、ギリシャ正教の「聖灰月曜日」を祝うもの(2018年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[ガラクシディ(ギリシャ) 19日 ロイター] - アテネから200キロ西方にあるギリシャの海岸都市ガラクシディで19日、恒例の「小麦粉戦争」の祭りが行われた。この祭りは、カーニバルが終わり、ギリシャ正教が復活祭までの40日間である四旬節の初日とする「聖灰月曜日」を祝うもの。

数百人が参加し、カラフルに色付けされた小麦粉をお互いにぶつけ合う。小麦粉を街中にまき散らしながら、「戦争」は数時間続いた。

ギリシャ全土から見物客が訪れ、中にはゴーグルやビニール製のスーツに身を包んで参加する人もいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below