Reuters logo
焦点:日銀マイナス金利、不透明な経路 残る外部環境次第の構図 
2016年1月29日 / 11:59 / 2年前

焦点:日銀マイナス金利、不透明な経路 残る外部環境次第の構図 

[東京 29日 ロイター] - 日銀は29日の金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。

 1月29日、日銀は金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。都内で外為取引会社で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

ただ、黒田東彦総裁の説明からも、マイナス金利の導入が物価上昇につながる経路は不透明なままだ。物価2%の達成は、依然として外部環境の動向次第という構図になっている。

<QQEの限界露呈>

黒田総裁は、これまで一貫してマイナス金利の導入に否定的だった。それが一転して導入となった背景に何があったのか──。

1つには、「2年で2%」の掛け声が、4年目に入っても実現できていないことが影響している可能性がある。

目安とする消費者物価(除く生鮮食品)の前年比上昇率は、足元でゼロ%程度に低迷。想定外の原油価格の下落が主因とは言え、達成時期の安易な先延ばしを続ければ、日銀の本気度が再び疑われるとの声も、密かに日銀内でささやかれていた。

手段についても、市場では限界説が公然と指摘されていた。その懸念を払しょくするための手段として、昨年12月に補完措置が導入され、黒田総裁は「政策調整が必要と判断すれば迅速に対応することを可能にする措置」(黒田総裁)と説明していた。

ところが、今回選択したのはマイナス金利。市場が懸念していたQQEのもとでの大規模な国債買い入れに「限界があったということを日銀が認めたとも受け取れる」(国内銀行関係者)との声も、この日の市場で出ていた。

一方、政府サイドでも「国債100兆円への増額は、もはや市場では想定内。ただ、国債を増やしても、打ち止め感が意識されるだけ」(関係者)との見方も台頭。

政府内では、今回のマイナス金利の導入について「サプライズも必要な状況に追い込まれていたのではないか」(関係者)というささやきも聞かれた。

<実体経済への効果に疑問も>

黒田総裁は29日の会見で、マイナス金利の採用について「量的拡大が限界に達したということではまったくない」と述べ、金利を加えた「3つの次元のオプションを、必要があればちゅうちょなく活用する」と緩和余地を強調した。

物価2%目標の達成が難しくなれば、マイナス金利幅をさらに拡大させる考えを示したが、その物価への波及経路はよく見えない。

総裁は会見で、起点となる金利を引き下げることでイールドカーブ全体の低下を促す一方、予想物価上昇率を引き上げて「実質金利を押し下げ、消費や投資を刺激し、需給ギャップが縮小し、インフレ期待上昇と相まって2%の物価上昇を実現させる」と説明した。

これまでのQQEとほぼ同様の説明だが、長期化する超低金利環境の中で、すでに利ザヤ縮小が「極限まで達している」(地銀)金融機関にとって、貸出金利の低下余地は乏しい。どこまで実体経済にお金を回す誘因になるのか効果を疑問視する声も少なくない。

それでも、マイナス金利導入という奇襲によって、年初から続いていた株安・円高の流れをいったんは止めることには成功した。

ただ、中国で人民元の下落が止まらくなったり、原油価格が再び、20ドル方向へ下げつづけるようなら「リスクオフ心理の強まりで、世界的な株安になりかねない」(先の国内金融機関関係者)との懸念が少なくない。

そのケースでは、追加緩和でマイナス金利が深くなる展開も予想される。日銀の金融政策は、海外の経済情勢に左右される構図が当面、継続しそうだ。

伊藤純夫 編集:田巻一彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below