Reuters logo
コラム:緩やかな円安/株高、リスク要因は北朝鮮と衆院選動向
2017年9月26日 / 08:27 / 3ヶ月前

コラム:緩やかな円安/株高、リスク要因は北朝鮮と衆院選動向

田巻 一彦

 9月26日、20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後、堅調さが増しているドル/円にとって、どうやらリスクは北朝鮮情勢と衆院選動向のようだ。ドルを支えている日米金融政策の方向性の乖離(かいり)は当面継続するとみられ、メインシナリオは年末に向け緩やかな円安/株高の継続だろう。写真は都内で14日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 26日 ロイター] - 20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後、堅調さが増しているドル/円JPY=にとって、どうやらリスクは北朝鮮情勢と衆院選動向のようだ。

ドルを支えている日米金融政策の方向性の乖離(かいり)は当面継続するとみられ、メインシナリオは年末に向け緩やかな円安/株高の継続だろう。しかし、2つのリスク要因が動き出すと、波乱の展開と言うリスクシナリオの芽が出てくるかもしれない。

<FOMC後に進んだ円安>

今月19─20日のFOMC開催前は、米連邦準備理事会(FRB)の資産圧縮方針が「既定方針」とされ、足元の米消費者物価(CPI)の鈍い足取りで、年内の追加利上げに黄信号点灯との見方が増加。FOMC後のドル上昇を予想する声は、決して多数派ではなかった。

しかし、ドットチャートから年内にあと1回の利上げが想定され、2018年も3回の利上げをみているメンバーが多く、市場は事前よりも「タカ派的」と見たようだ。

FOMC後に2年米国債利回りUS2YT=RRは上昇。一方、日本の長短金利はYCC(イールドカーブコントロール政策)の効果で低位安定し、日米金利差は拡大した。

ドル/円は112円台に上昇。日経平均.N225も2万円台を回復し、円安と株高が連動する形が再現された。

<見逃せないYCC効果>

ただ、2013年の時のように円安が加速して株高が継続するとの声は少ない。一段の米金利上昇を促す材料は、なかなか出てこないとみられているためだ。

とは言うものの、米景気の拡大を示す材料は幅広くあり、仮に12月に利上げがあっても、そこでピークアウト感が出る可能性は小さいのではないか。

一方、日銀が目標とするCPI2%と足元のCPI上昇率とはギャップが大きく、現在のYCCで決めている短期金利マイナス0.1%、長期金利ゼロ%の誘導目標を変更する環境にない。

米経済の「微温的」環境の下で、YCCは最も効果を発揮すると考える。「円高危機感」が大幅に後退すると、日本株はサポートされやすくなる。

<北朝鮮外相発言、ドル急落要因に>

このメインシナリオにとって、厄介なリスク要因が2つある。1つは北朝鮮情勢だ。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が25日、トランプ米大統領のツイッター投稿に対し、北朝鮮に宣戦布告を行ったものだと主張。あらゆる対抗手段を講じる権利があると発言すると、ドル/円は112円台から111円台に急落した。

挑発的な発言の応酬が、偶発的な軍事行動に発展するリスクを市場はジワリと感じ始めたとも言える。

<詳細分析必要な衆院選動向>

もう1つのリスク要因は、28日の衆院解散と10月22日投開票の総選挙の結果だ。小池百合子・東京都知事の新党代表就任が急きょ決まり、選挙事情に詳しい関係者の間では、大都市圏での「ブーム」の可能性を指摘する声が出ている。

「改革保守」を標ぼうする新党は、自民党からのスイング先として選好されやすいとの見方だ。もし、「風」が新党に吹けば、自民党は新党の獲得議席に応じて、議席減に直面するリスクがある。

自民党の議席減が大きくなれば、株安/円高との予想もある。

2つのリスクとも、FRBや日銀が金融政策で影響を及ぼせない範囲であり、かつ事前の正確な予測がともに難しく、市場は本格的な織り込みをしていない。

それだけに予想外の事態に直面すると、市場価格の変化率は大きくなりやすい。より正確に事態の進展を予測するには、「前兆現象」に目を配り、しっかりとリスク分析することが重要だろう。

10月に入ると、情報分析をより丁寧に行うことが求められそうだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below