Reuters logo
米女優ジェーン・フォンダさん、過去のレイプや性的虐待を告白
2017年3月7日 / 02:09 / 8ヶ月後

米女優ジェーン・フォンダさん、過去のレイプや性的虐待を告白

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米女優で女性の権利を求める活動家としても知られるジェーン・フォンダさん(79)が、レイプされたり、子供の時に性的虐待を受けたりしていた過去を初めて明らかにした。他人を「喜ばせたい病気」にかかっていたという。

 3月3日、米女優で女性の権利を求める活動家としても知られるジェーン・フォンダさん(79)が、レイプされたり、子供の時に性的虐待を受けたりしていた過去を初めて明らかにした。英高級通販サイト「ネッタポルテ」のマガジンでの対談で述べた。写真は4日代表撮影(2017年 ロイター/Christian Charisius)

「私はレイプされ、子供の時に性的虐待を受けた。上司と寝なかったから解雇された時もある。そしていつも自分が悪いと考えていた」とフォンダさんは、英高級通販サイト「ネッタポルテ」のマガジン3月2日号に掲載された米女優ブリー・ラーソンさん(27)との対談で語った。

「レイプされた少女たちや、(レイプされても)それがレイプだとさえ分かっていない少女たちを知っている。彼女たちは、自分の『ノー』という言い方が悪かったせいだと考える」と指摘。「女性運動の最大の業績の一つは、(レイプや虐待が)私たちのせいではないと気付かせてくれたこと」だと強調した。

フォンダさんは、1970年代に「コールガール」と「帰郷」でアカデミー賞を獲得。現在、夫が同性愛に走り自力で生きて行かなければならなくなった2人の女性を描いたネットフリックスのドラマ「グレイス&フランキー」に出演している。

ラーソンさんは、2016年に「ルーム」で米アカデミー賞を受賞したほか、近日公開の「キングコング: 髑髏島の巨神」(日本公開3月25日)にも出演している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below