Reuters logo
サッカー=豪代表主将、W杯アジア最終予選2試合を故障欠場
2017年8月24日 / 02:38 / 3ヶ月前

サッカー=豪代表主将、W杯アジア最終予選2試合を故障欠場

[メルボルン 23日 ロイター] - サッカーのオーストラリア代表で主将を務めるミル・ジェディナクが、2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本戦とタイ戦を欠場することになった。

 8月23日、サッカーのオーストラリア代表で主将を務めるミル・ジェディナク(左)が、2018年W杯アジア最終予選の日本戦とタイ戦を欠場することになった。アデレードで6月撮影(2017年 ロイター/David Gray)

アストンビラ(イングランド)所属のジェディナクは、4月からそけい部の負傷に苦しんでいる。23名の招集メンバーを発表したアンジェ・ポステコグルー監督は、長距離移動や現状の出場機会の少なさから、本人が欠場を決めたと明かした。

一方で、同監督は「彼の穴を埋められるだけの十分な選手層はある」と、ジェディナク不在でコンフェデレーションズカップも戦ったチームへの信頼を強調した。

オーストラリアは現在、アジア最終予選B組で勝ち点16の3位。首位日本と勝ち点1差、2位サウジアラビアとは勝ち点で並んでいる。アジア最終予選では各組上位2カ国がW杯出場権を獲得し、3位はプレーオフに回る。

オーストラリアは31日に日本のホームで対戦した後、来月5日にホームでタイと戦う。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below