July 22, 2018 / 3:30 AM / 5 months ago

NFL=国歌斉唱めぐるリーグの対応、トランプ大統領が批判

 7月21日、トランプ米大統領は、国歌斉唱時の抗議活動に関するNFLの新たな方針を批判。国歌斉唱時に膝をつく選手を無給で出場停止にするべきとの考えを主張した。写真は片膝をつくフォーティナイナーズの選手たち。米メリーランド州で2017年10月撮影(2018年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[21日 ロイター] - トランプ米大統領は、国歌斉唱時の抗議活動に関する米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の新たな方針を批判。国歌斉唱時に膝をつく選手を無給で出場停止にするべきとの考えを主張した。

トランプ大統領はツイッターを介し、「NFLの国歌斉唱時の論争が再び巻き起こっているなんて信じられない!」とコメント。「国歌斉唱時に起立し、胸に手を当てることは選手たちの契約で定められていないのだろうか?」と問いかけた。

さらに、「4000万ドル(約44億6000万円)も稼いでいるコミッショナーは、今こそ立場を明確にするべき。1回膝をついたら退場処分。2回目はシーズンを無給で出場停止とするべき」とも述べた。

NFLは5月、各チームのオーナーの合意のもと、国歌斉唱時に選手が無礼な態度をとったチームに罰金処分を科す、新たな方針を発表。起立しない選手はロッカールームにとどまるよう求め、トランプ大統領もこの対策を評価していた。

しかしNFLとNFL選手会は19日、共同声明を発表。両者は国歌斉唱時の膝つき行為について、双方が納得できる解決策が見つかるまで、新たな方針を実施しないと明かしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below