October 16, 2018 / 5:22 AM / a month ago

米フォード、エントリー・レベルの新SUVを中国で発表

 10月16日、米フォード・モーターは、中国でエントリーレベルのスポーツ多目的車「フォード・テリトリー」を発表した。また、来年初めから順次新モデルを投入することで、苦戦する中国市場の販売が底上げされるとの見通しを示した。中国国旗の揺れるフォード・モーターの販売店。北京で11日撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 16日 ロイター] - 米フォード・モーター(F.N)は16日、中国でエントリーレベルのスポーツ多目的車(SUV)「フォード・テリトリー」を発表した。また、来年初めから順次新モデルを投入することで、苦戦する中国市場の販売が底上げされるとの見通しを示した。

新SUVは、提携関係にある江鈴汽車(000550.SZ)と共同開発した。来年初めに販売を始める。

江鈴汽車の実用的なモデルをベースとして開発しており、ここ10年、市場の伸びをけん引している比較的規模が小さい都市の消費者をターゲットとしている。吉利汽車控股(0175.HK)や長城汽車(601633.SS)などの国内メーカーのモデルと競うことになる。

フォードは、今年から2025年までに中国で50の新モデルやデザインを刷新したモデルを発表する計画を明らかにしている。今回発表したSUVもその計画の一環。年内には「フォード・フォーカス」のデザインを刷新したモデルも販売する。

フォードの中国・アジア部門のトップ、ピーター・フリート氏は記者向け電話会議で、小規模都市の成長が鈍化しているとの懸念を一蹴し、650の国内ディーラーが販売を支援すると説明した。

「中国は依然巨大な市場で、比較的シェアが小さいフォードにとり大きなチャンスだ」と語った。

また、米中貿易摩擦の影響は今のところないとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below