June 7, 2019 / 2:03 AM / in 2 months

米フォード、英エンジン工場を来年閉鎖 1700人の雇用影響

[ロンドン 6日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター(F.N)は6日、英ウェールズ南部ブリジェンドにあるエンジン工場を来年閉鎖すると発表した。低迷する需要が理由で、1700人の雇用に影響が出る見通し。

フォードは工場閉鎖に絡み約6億5000万ドルの税引前費用を計上する。同社は現在、低迷する欧州の自動車市場における不採算事業の立て直しを目指して、複数の国で整理を行っている。

フォードはこれまで英政府に対して、欧州連合(EU)離脱後もEUと自由貿易を維持する必要があると繰り返し警告してきたが、今回の閉鎖について「英離脱とは関係ない」と説明した。

同工場での排気量1500CCのガソリンエンジン生産を来年2月に、インド自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)向けのエンジン供給は9月に、それぞれ終了する。

ブリジェンド工場は1977年に開設され、昨年は英国のエンジン生産台数270万基の約20%を生産した。

一方、英最大の労働組合ユナイトは、工場閉鎖に反対する姿勢を表明。レン・マクラスキー委員長は「閉鎖には全力で抵抗し、工場を救うためにウェールズ議会と英議会にも加わるよう求める」と述べた。

フォードはドイツでは5000人強、英国の事務職500人以上も削減する。

英国ではJLRが約4500人の人員削減を発表し、ホンダも21年の工場閉鎖に伴い、最大3500人の削減を発表しており、フォードの工場閉鎖は英自動車産業にとって新たな痛手となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below