September 27, 2018 / 8:57 PM / 21 days ago

米フォード、「確信」持てる通商協定望む=ビル・フォード会長

[ディアボーン 27日 ロイター] - 米フォード・モーター(F.N)のビル・フォード会長は27日、トランプ政権がカナダや中国などと通商交渉を続けるなか、フォードとしては前もって計画を立て「確信を持って」投資ができるような通商協定を望んでいると述べた。

創業家出身のフォード会長は記者団に対し、フォードの経営幹部はトランプ政権の通商交渉チームと緊密に連絡を取っているとし、「通商問題や関税問題について政権とともに取り組んで行きたい」と述べた。

ただ米政府が進めている通商協議については「非常に流動的」と述べるにとどめ、フォードとして具体的にどのような合意が望ましいと考えているかは明らかにしなかった。

北米自由貿易協定(NAFTA)については、フォードは「近代化」を望んでいたとし、それは実現に向かっているものの、この先の道のりは長いと述べた。

フォードのハケット最高経営責任者(CEO)は前日、米国が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入関税の影響で約10億ドルのコスト増加が発生していると表明。これについてフォード会長は、10億ドルのコスト発生でもフォードのリストラ策には変更はないとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below