for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=中銀総裁発言で豪ドル小幅高、NZドル横ばい

[シドニー 22日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが小幅上昇。豪中銀総裁が最近の豪ドルの上昇は現時点では問題ではないとの認識を示したことを受け、当局者が豪ドル高抑制に乗り出すとの観測が後退した。

豪ドルAUD=D3は0.1%高の1豪ドル=0.6841米ドル。先週の安値0.6777米ドルを上回る水準で推移している。今月付けた11カ月ぶり高値(0.7069米ドル)の水準は維持できていないものの、3月に付けた17年ぶり安値の0.5510米ドルからは24%上昇している。

こうした大幅な上昇を受けて輸出への影響が懸念される中、市場関係者の間では豪中銀から豪ドル高抑制を狙った発言が出るのではとの見方が浮上していた。

だがロウ中銀総裁は22日、通貨の下落は景気支援に寄与するとしながらも、現時点で豪ドルが過大評価されていると主張するのは非常に難しいとの見方を示した。

ロウ総裁は、豪国内での新型コロナウイルスの感染拡大抑制を踏まえ、景気悪化が当初の想定ほど深刻にはならないとの見通しもあらためて示した。それでも、長期にわたり低金利を維持する方針を強調した。

3年物豪国債先物YTTc1は横ばいの99.725、インプライドイールドは0.275%となっている。

ニュージーランド(NZ)ドルNZD=はほぼ横ばいの1NZドル=0.6417米ドル。同国中銀は24日に開く政策決定会合で、非常に緩和的な政策を長期間維持すると表明する見通しだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up