for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

HSBC<HSBA.L>、ドバイの債務再編計画を歓迎

 [アブダビ 30日 ロイター] HSBC・ホールディングスHSBA.Lは30日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの政府系持ち株会社ドバイワールドが提案した債務再編計画を歓迎するとともに、間もなく好ましい結果が出ることを望んでいるとの考えを示した。

 HSBCはドバイワールドの主要債権銀行のひとつ。

 同社のスティーブ・グリーン会長は記者団に対して「債務再編計画は、将来に向けた良い動きでこれを歓迎する。これは決定的な行動だ」と語った。

 債権銀行97行は、ドバイワールドと傘下の不動産開発会社ナヒールの債務返済計画を受け入れるかどうかを決定するために同案を精査している。

 HSBCの欧州および中東部門会長、スチュワート・ガリバー氏は「完全に満足のいく結果を得ることに非常に近づいている」と述べた。

 さらに、債務再編計画で示された利子についての条件に対する懸念はないとし、国内外の金融機関は平等に扱われているとの見方を示した。

 同氏は、金融機関は債券の新たな償還時期まで融資やそれに伴う利子の支払い延期を選択することができると述べたが詳細は明らかにしなかった。

 一方、グリーン会長は、ドバイには発達したインフラや金融サービスとして必要な規模、およびオープンな取引精神があり、金融サービスとしての利点があるとの見方を示した。その上で「(HSBCの)計画に変更はない。ドバイ経済には有望な将来がある」と語った。

 同氏は30日、アブダビの政府高官と会談をする。29日にはドバイ首長と会談した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nLDE62T0L3](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nLDE62T0L3]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up