July 10, 2015 / 1:35 AM / in 4 years

「フォレスト・ガンプ」に着想、大学生が100日で米国横断に挑戦

 7月9日、1994年の米アカデミー賞受賞映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」に着想を得た米国人男性バークレー・アウダースロイスさんがアメリカ大陸を100日で走って横断することに挑戦している。アリゾナ州モハベ砂漠で撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[デトロイト 9日 ロイター] - 1994年の米アカデミー賞受賞映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」に着想を得た米国人男性がアメリカ大陸を100日で走って横断することに挑戦している。

ミシガン州の大学生、バークレー・アウダースロイスさん(23)はすでにトライアスロンやウルトラマラソンの参加経験を持つが、もっと大きな挑戦をしたいと思い、大好きな映画からヒントを得たという。

アウダースロイスさんは毎日朝6時ごろ起き、48─53キロメートルを走る。今週、イリノイ州プラスキ山を走る61日目の行程を終えた後、電話取材に応じ「(映画の主人公)フォレスト・ガンプがこの国を走破できたなら、自分にもできると決意した」と語った。

「プロジェクト・ガンプ」と名付けたこの計画では、主人公ガンプと同様、西海岸のカリフォルニア州サンタモニカ・ピアから出発し、東海岸のメイン州ポート・クライドにあるマーシャル・ポイント灯台を目指す。距離は約5070キロ。ゴールは8月16日の予定。

同じルートでの大陸横断に挑戦したランナーは過去にもいるが、今回は100日で走破できるかが注目されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below