Reuters logo
ドルは110円半ば、米貿易赤字の拡大など警戒
2017年4月4日 / 03:16 / 8ヶ月前

ドルは110円半ば、米貿易赤字の拡大など警戒

[東京 4日 ロイター] - 正午のドル/円は、先日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の110.66/68円。円買い圧力が強まり110円半ばまで下落する場面があったが、同水準では下げ渋った。

 4月4日、正午のドル/円は、先日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の110.66/68円。円買い圧力が強まり110円半ばまで下落する場面があったが、同水準では下げ渋った。写真は都内で2010年9月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

朝方110.80─90円台で推移していたドルは、午前10時過ぎにかけてじりじり値を下げ、110.48円まで弱含んだ。前日のロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄爆破事件や、きょうの米貿易収支への警戒など複合的な要因で円が買われやすかったという。

トランプ米大統領が貿易赤字の原因調査と通商規定の乱用国への対策を指示する大統領令に署名しており、米国の貿易赤字が拡大すれば下押し圧力が強まる可能性が指摘されている。6ー7日に米国で開かれる米中首脳会談も意識されるという。

世耕弘成経済産業相は午前の閣議後会見で、貿易赤字削減を目指す米国の大統領令について、「日本の市場は十分に開放的であり、これによって直接的に問題が生じるとは考えていない」と述べた。[nL3N1HC07W]

期初を迎えた国内の年金や生保などからドル買いが「ぱらぱらと出ている」(国内金融機関)というが、例年のようにまとまったものはなく、動きが鈍いという。午前10時半頃から正午にかけては110.60─70円台でもみ合った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below