Reuters logo
正午のドルは112円後半、G20控えて方向感欠く
February 26, 2016 / 3:24 AM / 2 years ago

正午のドルは112円後半、G20控えて方向感欠く

[東京 26日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク午後5時時点に比べて、わずかにドル安/円高の112.88/90円だった。朝方は株高期待で113円前半まで上昇したが、伸びは続かなかった。

 2月26日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク午後5時時点に比べて、わずかにドル安/円高の112.88/90円だった。写真は都内で2014年1月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

仲値付近の実需筋のドル売りやG20前の調整などで朝方の上昇分を返上すると、株価の上げ幅縮小も合わさって一時112.68円まで下押しされた。正午にかけては112円後半まで持ち直した。

26、27日に開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、市場の動揺を鎮静化するために何らかの政策協調が打ち出されるとの期待がある。ただ、米国のルー財務長官が大して期待しないほうがいいという主旨の発言をしており、「G20通過後に失望を招く展開もあり得る」(みずほ銀行のチーフマーケット・エコノミスト、唐鎌大輔氏)という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below