Reuters logo
ドルは112円後半、日中株安や弱い中国貿易統計を嫌気
March 8, 2016 / 3:14 AM / 2 years ago

ドルは112円後半、日中株安や弱い中国貿易統計を嫌気

[東京 8日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.90/92円。

 3月8日、正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ、ドル安/円高の112.90/92円。写真は都内で2014年1月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

ドルは、朝方の取引で113円半ばを試したが上抜けず、徐々に売りがかさんだ。

日経平均が下げ幅を拡大する中で、ドルの上値は次第に重くなり、正午にかけては中国の2月の貿易統計が一段と弱い結果となるとの思惑から、113円を割り込んで1週間ぶり安値(112.75円)を付けた。  

中国貿易統計の発表前に下げ幅を拡大していた上海総合株価指数について、外為市場では「参加者が弱い数字を知っていた可能性がある」(国内銀)との見方が出ていた。

ドル/円相場は、上海株下落に歩調を合わせて下げ幅を拡大していたため、実際に統計が発表された後の値動きは限定的で、若干買い戻された。

2月の中国貿易収支は325.92億ドルの黒字と市場予想を下回った。輸出は前年比25.4%減と2009年5月以来最大の落ち込みとなった。輸入は前年比13.8%減で予想の10%減を上回る下げ幅となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below