Reuters logo
ドルは101円後半、英EU離脱判明後の落ち着きどころ探る
2016年6月27日 / 03:37 / 1年後

ドルは101円後半、英EU離脱判明後の落ち着きどころ探る

[東京 27日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の101.77/79円だった。英国の欧州連合(EU)離脱判明後に強まったリスク回避姿勢はやや後退しているが、上値を試すほどの材料はない。102円ちょうどを挟んで落ち着きどころを探している。

 6月27日、正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の101.77/79円だった。写真は都内で2011年8月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

ドルは早朝の安値101.50円から仲値公示付近にかけて102.50円まで上昇したが、その後はドル売り/円買いが強まり、早朝の水準に押し戻された。市場では「上昇局面では、実需の(ドル買い)フローが多少入っていた感じがあるが、その後の下落は分からない」(国内金融機関)との声が聞こえた。

日経平均株価はプラス圏でしっかり推移しているが、米国の長期金利はじりじり下げている。「為替、株、債券の各市場がレンジを探っている。ただ、ドル/円の上値の重さは意識そうだ」(同)という。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below