Reuters logo
ドルは103円後半でもみ合い、底堅いが買い手がかかり欠く
2016年10月14日 / 03:32 / 1年後

ドルは103円後半でもみ合い、底堅いが買い手がかかり欠く

[東京 14日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ややドル高/円安の103.84/86円だった。午前を通じ、103円後半を軸にしたもみ合いが続いた。米早期利上げへの思惑から底堅さが意識された一方、買い手がかりも欠き、方向感が出なかった。

 10月14日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ややドル高/円安の103.84/86円だった。写真は都内で2013年4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

下げて始まった日経平均株価がプラス圏に切り返した場面では、朝方の103.60円付近から一時103.89円に強含んだ。実質的に商業決済の集中する五・十日に当たり、国内輸入企業によるドル買い/円売りが入ったことも、相場の支えになった。

仲値後はいったん失速し、一時103.64円まで下押ししたが、市場予想を上回った中国9月消費者物価指数(CPI)が発表されると一時103.98円に強含んだ。ただ、勢いは続かず再び失速。その後は正午にかけて103円後半でのもみ合いに終始した。

海外時間にはイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長講演や米小売売上高の発表などがあるため、アジア時間は終盤にかけて様子見ムードが出やすいとみられている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below