for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

展望2023:ドル一強に変化、米利上げ停止が視界 円は強弱感対立

[東京 1日 ロイター] - 2023年の外為市場は、米ドル一強の構図に変化が生じそうだ。米連邦準備理事会(FRB)による連続利上げの停止で、ドル高の推進力だった米金利上昇が頭打ちとなる見通しが強まっているためだ。円は日銀の金融緩和政策の修正観測による上昇圧力と、金利差に着目した下落圧力が交錯するとみられている。

 2023年の外為市場は、米ドル一強の構図に変化が生じそうだ。写真は円紙幣。2022年6月撮影(2023年 ロイター/Florence Lo)

市場関係者の見方は以下の通り。

●ドル安主導で下方向、日銀は金融政策正常化の検討も

<三菱UFJ銀行 チーフアナリスト 井野鉄兵氏>

米国の金融政策は、しばらくの間高水準の金利が維持されるものの、年末には利下げに転じる可能性がある。このため、ドル安主導で、ドル/円は下方向に向きやすい。

22年12月の日銀金融政策決定会合で、イールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)の運用調整との説明があったが、金融政策正常化に向けた第一歩とみている。新執行部となった後は、本格的に金融政策の正常化を検討することになりそうだ。

内外金融政策格差の縮小は日米双方の要因によって起こるとみられ、ドル安かつ円高となりやすい。ただ、日本当局としては円高進行についてはナーバスになるとみられ、コミュニケーションは慎重に取っていくだろう。

日本の貿易収支は黒字が見込めないことから、ドルの下支え要因となる。機関投資家による外債投資については、日銀に動きがあったことから、今後方針が変わる可能性がある。

リスクシナリオとしては、日米双方で金融政策の転換が思いのほか早まることだ。日銀の金融政策の正常化が早まるほか、米国の景気が想定よりも悪化するなど、早期の利下げ期待が高まった場合、急速にドル安/円高が進行するだろう。

ドル/円の予想レンジ:120─142円

●米金利低下でドル120円台へ、日銀政策修正期待の円高は続かず

<大和証券 シニア為替ストラテジスト 多田出健太氏>

今回の日銀の政策修正は出口戦略の開始ではなく、短期金利や長期金利の引き上げには高いハードルがある。円金利の一段の上昇は見込めず、日銀金融政策を要因に中長期的にドル/円が下落するとの展開はリスクシナリオにとどまる。

政府と日銀が共同声明を見直すとの報道も見られる。今後、物価目標のあり方も含めて見直される可能性はあるが、大規模緩和による経済の押し上げ効果が小さくなれば、ドル/円への影響は、短期金利上昇と景気後退懸念という強弱が入り混じるものとなる。

予想外の日銀政策修正により、市場では海外勢を中心に、更なる修正の思惑が高まる展開となりやすく、短期的には円高に振れやすい。しかし、早期修正は見込みづらいため、ドル/円に対する日本要因の影響力は徐々に薄れ、米金利の低下など従来の相場変動要因に焦点が移っていくと見ている。

その米金利は2023年、徐々に低下していくとの見通しに変わりはない。年後半には利下げを想定しており、ドルは120円台の定着に向けて下落していくと予想する。

ドルの予想レンジ:120─140円

●円キャリートレード再来、ドルは目先反発余地

<JPモルガン証券 為替ストラテジスト 中村颯介氏>

2022年のドル/円は、米国のターミナルレート見通しと日米金利差に沿った動きが続いたが、今後もこれらは最も重要なドライバーとなる。2023年の米国はマイルドリセッション入りを見込んでおり、米金利の低下に沿ってドル/円は下落基調を辿る可能性が高いとみている。

ただ、円高は循環的・構造的要因である程度制約されるかもしれない。日本の政策金利引き上げはかなり先のこととなり、円キャリートレードがより広がる可能性があること、過去最高水準に膨らんだ貿易収支の赤字基調が続きそうなことーーなどがある。

日銀の政策修正後、円金利と米金利がともに上昇したため、日米10年債の金利差はあまり縮小しなかった。金利差の観点だけで言えば、目先のドル/円は反発余地があるとみている。

ドルの予想レンジ:130─140円

●国力の弱さが露呈、スタグフレーション懸念から円売り

<三井住友銀行 チーフストラテジスト 宇野大介氏>

2023年は日本売り・円売りが主要テーマになるとみている。食料や資源を持たざる国・日本の弱さが露呈し、本格的なインフレはこれから起きる可能性が高い。

脱炭素社会にシフトする中で天然ガスの価格は下がりにくい中、資源を持つ中東を囲い込んだ中国を中心としたBRICSと主要7カ国(G7)との対立が続く可能性があり、原油価格も高止まる可能性がある。こうしたエネルギー価格動向により、日本の貿易赤字は継続していく。

政府は大規模な財政出動を控える他の主要国と逆行し、大型総合経済政策を決定するなどインフレの素地を作っている。日銀に依存した財政ファイナンスが拡大すれば、財政規律の緩みも問題視される。春闘で賃金の引き上げが進めば、日本は欧米並みのインフレに悩まされる可能性がある。また、台湾有事をめぐる地政学的リスクが高まれば、輸入が滞り、インフレは増長される。

成長率が脆弱な国において、日銀が事実上の利上げに動いたため、スタグフレーション懸念が強まり、円は売られやすい。米国のインフレが落ち着くことは見通せず、再び金融引き締めが強化されれば、ドル買い/円売りの副次的な要因として効いてくるだろう。

ドル/円の予想レンジ:120─160円

*12月23日までの取材に基づいています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up