Reuters logo
世界外貨準備のドル比率低下、円は上昇=IMF
September 30, 2016 / 6:11 PM / in a year

世界外貨準備のドル比率低下、円は上昇=IMF

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)が公表したデータによると、第2・四半期の世界の外貨準備に占めるドルの割合は63.4%と、前四半期の63.6%から低下した。米景気減速への懸念のほか、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け円などに資金が流れた。

 9月30日、IMFによると、第2・四半期の世界の外貨準備に占めるドルの割合が低下した。写真は1万円札と100ドル札。2013年2月撮影。(2016年 ロイター/Shohei Miyano)

ユーロの比率は20.4%から20.2%に低下した。同比率は第1・四半期に上昇に転じるまでは8四半期連続で低下していた。

円の比率は4.5%と、4.1%から上昇。ウエスタン・ユニオン・ビジネスソリューションズの首席市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「世界的に先行き不透明感が高まるなか、円に対しては安全通貨として大きな引き合いが見られた」としている。

世界の外貨準備は10兆9900億ドルと、前四半期の10兆9400億ドルから増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below