October 29, 2018 / 1:35 AM / 17 days ago

為替操作で起訴の英元トレーダー3人に無罪評決、米陪審

 10月26日、共謀して外国為替相場のベンチマークを操作した罪で起訴されていた英ロンドンの元為替トレーダー3人に対し、米ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁の陪審は、無罪の評決を下した。写真は同地裁を出るラムシャンダニ元被告。昨年7月にマンハッタンで撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 共謀して外国為替相場のベンチマークを操作した罪で起訴されていた英ロンドンの元為替トレーダー3人に対し、米ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁の陪審は26日、無罪の評決を下した。

無罪評決が下ったのは元バークレイズ(BARC.L)のクリス・アシュトン、元シティグループ(C.N)のロハン・ラムシャンダニ、元JPモルガン・チェース(JPM.N)のリチャード・アッシャーの3被告。

票決を受けて3被告の弁護士らはそれぞれ、喜びの意を表明した。

米司法省からのコメントは現時点で得られていない。

米検察当局は2017年1月に3人の起訴を発表した。当局は3人をはじめとするトレーダーらが2007─13年にチャットルームを通じて共謀し、自身のポジションに有利に働くよう為替相場のベンチマークを操作したとしていた。

3人の弁護士は競合するトレーダーらがポジションについて情報交換することに違法性はないと主張していた。

この問題を巡っては世界的な捜査が行われ、大手金融機関の罰金支払いは約100億ドルに上っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below