September 28, 2018 / 9:58 AM / 24 days ago

焦点:理由なきドル高、高値更新でも上値の重さ変わらず

[東京 28日 ロイター] - ドル/円JPY=EBSが年初来高値を更新した。日米首脳会談や米連邦公開市場委員会(FOMC)を大過なく終え、リスクオンムードが再来し、円安地合いを支えている。しかし、対米輸出を対象にした自動車関税の行方など先行きには不透明要因も多く、大幅な上値追いには懐疑的な声も少なくない。実際、高値更新後も年初来のドル/円の値幅は、過去最小のままだ。

9月28日、ドル/円が年初来高値を更新した。2018年3月撮影(2018年 ロイター/Illustration)

<理由なきドル高、原動力は月末・期末要因>

ドル/円は前日27日夕方、イタリアの政局不安を受けて112円半ばに下落したが、海外時間にじりじりと再上昇。113円前半のストップロスを巻き込みつつ、NY市場で年初来高値を奪回。28日の東京市場で113.67円と、昨年12月12日以来9カ月半ぶり高値を付けた。

目立ったのは、円安ではなくドル高の動き。FOMC後に弱含みとなったドルが特段の手がかりがない中、対円だけでなく広範に買い戻された。

市場では「FOMCで利上げ継続を確認した」(国内金融機関)ことが材料との指摘もあったが、10年米国債利回りUS10YT=RRに大きな動きはなし。FOMC直後は2021年の利上げ打ち止めが話題となってドルが一時軟化しただけに、反転に首をかしげる参加者が少なくなかった。

複数の市場筋によると、「理由なきドル高」をもたらしたのは月末取引だ。グローバル市場で運用する大手機関投資家らは、ポートフォリオのリスク量を一定に保つため、価格が上昇して保有残高が増えた通貨建ての資産を減らす一方、下落して目減りした資産を増やすといった調整売買を月末に行うことが多い。

注目イベントだったFOMCを終え、月末で四半期末、かつ日本勢の半期末をきょう28日に控え、そうした売買が集中して結果的にドルを押し上げた、というわけだ。

<背景にあったリスクオンムード>

こうした需給要因が相場に強く表れたのは、マーケット全体にリスク選好に対する安心感が広がっていたことが大きい。

トランプ米大統領の通商政策は当初過激な面が目立つものの、7月の欧州連合(EU)に続き、8月にはメキシコと2国間協議で合意。9月に中国へ課した2000億ドルの関税は、当初の25%から10%へ税率が引き下げられた。

「対中貿易などで問題が多少こじれても、世界同時景気減速といった手に負えない最悪シナリオが実現する可能性はほとんどなく、実際に米経済指標も堅調なままだ」(りそな銀行・チーフマーケットストラテジストの黒瀬浩一氏)──。

そうした見方が広がるとともに、米株市場では9月半ばにかけてS&P総合500種指数.SPX、ダウ工業株30種.DJIなどが最高値を更新。株式投資家の恐怖心理を示す米VIX指数.VIX、ユーロSTOXX50ボラティリティー指数.V2TXは年初来最低水準へ接近し、外為市場ではリスクオンの円売りが加速した。

<大幅な円安予想は依然少数派>

ただ、このまま1ドル120円付近まで円安が進むとの見方は、まだ少数派だ。

貿易戦争への警戒感が根強く残っているということだけではない。市場では、米利上げサイクルの終わりが意識され始めてきているほか、日銀が7月に行った政策修正は「出口」への一歩ではないのか、という疑念が晴れないためだ。

一方、リスクオン局面ではドルと円が同時に弱含むことが多く、ドル/円としては伸びにくくなる。円は低金利や高流動性、ドルはグローバル景気の勝ち組ゆえの安定感が、リスク投資における調達通貨として機能しやすいとされるためだ。

大和証券・チーフ為替ストラテジストの今泉光雄氏は、やや弱めの予想が多い9月米雇用統計が強そうだとの見方が広がってくれば、115円を試しそうだと予想しているものの「その後は、米中間選挙への警戒感が強まり、上値は重くなってくる」とみる。

ドル/円の年初来値幅は高値更新後の28日午前段階でも、9.08円(104.56─113.64円)に過ぎず、1973年の変動相場制移行後で最小にとどまっている。

基太村真司 編集:伊賀大記

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below