for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル反発、景況感改善受け

 [シドニー 14日 ロイター] 14日のシドニー外国為替市場の豪ドル相場は反発

した。国内景況感の大幅改善を示す指標発表を受け、一段の利下げ予想が後退したことに

加え、世界的なリスク回避傾向がやや緩和されたことが、豪ドルの支援材料となった。

 対米ドルAUD=D4では、1豪ドル=0.7861米ドルと、前日記録した約8週間ぶり

安値の0.7700米ドルから上昇。

 豪銀大手ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した6月の豪企業景況感指

数が大幅改善となり、昨年9月の米証券大手リーマン・ブラザーズ経営破たん前の水準を

回復したことが好感された。

 オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のシニアエコノミスト、ケイティ・

ディーン氏は「グローバルマーケットへの信頼感回復と予想を上回るNAB調査が、とも

に豪ドルの支援材料となった」と指摘。「今後数時間の間、この相場水準を維持できるか

興味深い。もし米国企業の決算がよくなければ、0.7800米ドル近辺に下落するかも

しれない」と話した。

 市場参加者の関心は、本格化する米企業決算発表に向いている。

 リスク資産への選好が強まる一方、円など安全資産と考えられてきた投資先に対する需

要は後退している。

 対円AUDJPY=では1豪ドル=73円25銭と、前日の終盤の71円40銭から豪ドル

高が進行した。

 豪債券先物は、NAB調査などを受けて下落。3年債9月限YTTc1は0.12ポイン

ト安の95.59、10年債9月限YTCc1も0.06ポイント安の94.76となった。

〔豪ドル/米ドル〕

0620GMT 0.7861

0200GMT 0.7841/0.7846

前営業日終値  0.7746

〔10年債先物9月限〕(カッコ内は前営業日清算値比)

0620GMT 94.76(―0.06)

0200GMT 94.73(―0.09)

原文参照番号[nSYD269904](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nSYD269904]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up