for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・午後3時=ドル6週間ぶり97円割れ、日経平均下げ拡大でシステム系の売り

[東京 7日 ロイター] -   
  
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
  午後3時現在 96.99/01  1.3304/08  129.04/08
  正午現在   97.42/44  1.3292/96  129.50/54
  午前9時現在 97.33/35  1.3305/09  129.51/55
  NY午後5時 97.74/76  1.3305/07  130.02/06
    
    午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の97
円付近。日経平均株価 の下げ幅が500円を超えるなか、投機筋が売り圧力を強
め、一時6月25日以来約6週間ぶり安値となる96.98円まで下落した。日足/一目
均衡表の雲の下限に加え、サポートラインとみられていた97.50円も割り込んだこと
で、市場では下値が見えにくくなっている。

    <システム系の売り>

    ドル/円はサポートラインとみられていた97.50円を割り込んだことで、下げが
加速。ストップを巻き込みながら、午前8時半に一時97.09円まで下落した。その後
97円半ばを回復する場面もあったが戻りは鈍く、日経平均株価の下げ幅が500円を超
えると、システム系の売り圧力が強まり、6週間ぶり安値となる96.98円まで下落し
た。

    この日は積み上がったドルロングの解消に加え、新たな売りも観測された。市場では
「短期筋は下向き目線になっており、ショートから入っている。朝方に97.50円のス
トップをやったことで、次のサポートラインが見えにくくなった」(大手邦銀)と警戒す
る声が目立つ。7月下旬の下落局面では、国内機関投資家の買いが相場を支えたが、足元
では「買い意欲のある機関投資家も躊躇(ちゅうちょ)している」(同)という。
    
    上田ハーローの森宗一郎氏は「ドル/円は日足/一目均衡表の雲も下抜けており、9
7円を維持できなければ、6月13日の安値93.75円から7月8日の高値101.5
4円の61.8%調整である96.70─80円まで下がってもおかしくない」との見方
を示した。
   
    もっとも、市場では今回のドル/円の下落に関して「日経平均株価は下がっているが
、米金利はそれほど下がっておらず、ダウの位置などをみても、それほどリスクオフに傾
いているわけでもない」(大手邦銀)と首をかしげる向きも少なくない。
    この関係者は「テクニカル面以外で、下落の裏付けとなる材料があまりない中で、本
当に下をやるのか」と疑問を呈しつつも、テクニカル的には「ウィークリーで考えると、
一目均衡表の基準線が位置する97.30円付近を週末に維持できるかどうかが焦点とな
る。6月に急落して93円台をやったときもそこで止められて戻ってきた。これを割り込
むと下値は93円や90円くらいまで広がってしまう」と警戒感を示した。

    投機筋の売買に翻弄されるなか、市場で中長期的視点に立ったマネーの動向に注目が
集まっているが、参加者からは「海外リアルマネーの中には5月22日の103.74円
がトップで、戻ったところは売りという目線でみているところもある。昨年12月から買
っていた人達の一部は、100円とか戻ったところは少しずつ売っている」(大手邦銀)
と冷めた声が聞かれた。
    
    FX会社の関係者は「96円割れ、95円割れというような展開にはならないと思う
が、8月は流動性が低下するので注意が必要だ」と指摘している。

    (ロイターニュース 志田義寧)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up