for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔外為マーケットアイ〕ドル100.23円まで上昇、株高期待で円売り優勢

[東京 15日 ロイター] -

〔外為マーケットアイ〕

<08:47> ドル100.23円まで上昇、株高期待で円売り優勢

ドル/円は100.19円付近。日経平均株価 の上昇期待が広がるなか、円売りの動きが優勢となっている。

一時100.23円と9月11日以来の高値をつけた。

<08:24> ドル100.13円付近、米金利低下で上値限定的との指摘も

ドル/円は100.13円付近。次期米連邦準備理事会(FRB)議長候補のイエレン氏が公聴会で、雇用促進が最重要課題との認識を示したことで、市場では金融緩和が当面維持されるとの思惑が広がっており、米10年債利回り は2.7%を割り込で取引されている。

ドル/円は、流動性相場継続期待を受けたリスクオンの円売りが下値をサポートする一方で、米金利低下が上値を重くする要因として意識されている。

参加者からは「株高もいつまでも続くわけではない。FRBは長期金利が3%を超えてくるような金利上昇は容認しないとみられ、そうであれば100円台の定着にはもう少し時間がかかるのではないか」(国内金融機関)との声が聞かれた。

<07:52> きょうの予想レンジはドル99.50―100.50円、上げ一服か

ドル/円は100.05円付近、ユーロ/ドルは1.3456ドル付近、ユーロ/円は134.72円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が99.50―100.50円、ユーロ/ドルが1.3400─1.3500ドル、ユーロ/円が133.90―135.20円。

前日の海外市場でドル/円は約2カ月ぶりに100円台に乗せた。麻生太郎財務相の為替介入をめぐる発言をきっかけに株高・円安に傾いた流れを引き継いだ。米緩和長期化観測を受けたリスクオンの動きが円売りの動きに拍車をかけ、ドル/円は一時100.15円と、9月11日以来の高値をつけた。

きょうは五・十日に当たるため、仲値公示にかけては輸入企業の買いが入りやすいが、上値は限られるとの見方が多い。市場では「週末ということもあり、利食いや調整が入りやすいうえ、東京市場では久々の100円台なので、輸出企業のドル売りも見込まれる。きのうのような一方的なドル買い/円売りにはなりにくいだろう」(外為アナリスト)との声が出ていた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

クロス円の時系列レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

為替関連ニュース

外為市場リポート[JPY/J]

外為マーケットアイ[JPY/JU]

焦点・アングル・特集 

クロスマーケットアイ[.JPCM]

主要国の経済指標発表予定と予想一覧

主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

速報ニュース[AA][AA-RS]

財政・金融政策の当局者発言ニュース

規制・監督関連ニュース

ファンド関連ニュース

欧州市場サマリー

NY市場サマリー

世界の主要株価指数

外国為替・マネー総合メニュー

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up