for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー・最終(23日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
         ドル/円JPY=    ユーロ/ドルEUR=   ユーロ/円EURJPY=
  午後5時現在  101.93/95 1.2863/67 131.12/16
  NY午後5時 103.16/18 1.2860/62 132.62/66 
     
 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の101
円後半。HSBCが発表した5月中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が弱かったこ
とをきっかけに日経平均株価が下げ足を速めると売りが膨らみ、102円を割り込んだ。
海外勢が売りに走ったほか、プログラム売買も下押し圧力として働いた。 

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14483.98円(1143.28円安)
         14483.98円─15942.60円
 東証出来高   76億5514万株
 東証売買代金  5兆8376億円

 東京株式市場で日経平均は大幅反落。下げ幅は1100円超となり安値引けとなった。
朝方は円安を背景に年初来高値を連日更新。しかし為替が1ドル102円割れへと一気に
円高に振れたことで、先物主導で後場は下げ幅を拡大し全面安となった。波乱含みの展開
のなか、東証1部の出来高と売買代金は過去最高を更新した。

 東証1部騰落数は、値上がり17銘柄に対し、値下がりが1691銘柄、変わらずが4
銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時06分現在

 無担保コール翌日物金利            0.074%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(12月限)    99.755(─0.005)
              安値─高値   99.745─99.760

  無担保コール翌日物は、23日速報ベースの加重平均金利が0.074%になった。地
方銀行や信託銀行の一部が資金調達したが、需給がひっ迫することはなかった。日銀は1
年物と1カ月物の資金供給オペに踏み切ったが、いずれも札割れした。
 財務省が午前11時半締め切りで実施した3カ月物の国庫短期証券入札は無難に終えた。
株価が急ピッチで下がったが、ユーロ円金先は動意薄だった。 

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)    142.51(+0.61)
                安値─高値   140.70─142.74
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.830%(─0.055)
              安値─高値     1.000─0.825%

 長期国債先物が大幅に続伸した。日経平均株価が午後に1100円を超える急ピッチな
下落劇を演じ、一転して円債相場が買われた。朝方は1円以上売られる場面があったため、
午後の急変で1日の値幅は2円に広がる乱高下だった。急激な値動きを受けて店頭では投
資家からの注文が引き、銀行勢などの動きは総じて鈍かったという。朝方は長期金利の指
標10年債利回りが一時1%ちょうどと昨年4月以来の高水準を付けたが、これも午後に
持ち直した。日銀が国債買いオペを通告したことも下支えした。この日は、初めて流動性
供給の日に実施した。 
   国債先物の中心限月6月限の大引けは、前日終値より61銭高い142円51銭。
10年最長期国債利回りは0.830%。 

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─2.5bp 
銀行債(みずほ) 5年 12─13bp 
地方債(都債) 10年 2.5─3.0bp  
電力債(東電)  5年 280─300bp 

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapan
シリーズ19ITJJP5Y=GFが大幅にワイド化した。プレミアムは一時85.5ベーシスポ
イント(bp)と、前日引け(75.5bp)から10bpも上昇。日経平均株価.N225
が大幅下落したことをきっかけに、リスク回避の動きが一気に強まった、との見方が出て
いた。 

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時28分現在の気配)

       2年物 0.33%─0.23%
       3年物 0.39%─0.29%
       4年物 0.46%─0.36%
       5年物 0.56%─0.46%
       7年物 0.78%─0.68%
      10年物 1.08%─0.98%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------
                           [東京 23日 ロイター]
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up