for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔クロスマーケットアイ〕ギリシャ債務問題が一服、方向感ない東京市場

<東京市場 18日>

━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯

日経平均   | 国債先物3月限| 国債305回債  |ドル/円(11:40) |

━━━━━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿

  10321.92円 | 139.63円 | 1.320% | 91.05/10円 |

━━━━━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿

+15.09円 | +0.02円 |  横ばい | 91.07/08円  |

━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷

注:日経平均、国債先物は前引け、現物の価格は午前11時の値。

下段は前営業日終値比。為替はLDN終盤。

 [東京 18日 ロイター] 18日の東京市場は、方向感のない展開が続いている。

ギリシャの債務問題が小康状態となって株価は堅調な展開だが、外為市場ではソブリン・

リスクへの警戒感が根強く、ユーロ安/ドル高の基調が継続している。

 <オイル系資金が流入>

 株式市場では日経平均.N225が小幅に続伸している。欧米株高や為替の落ち着きなど

で安心感が広がり利益確定売りをこなしている。「オイル系の資金流入が継続して底堅さ

を維持しているものの、25日移動平均線を意識した戻り売りも目立つ。この水準から上

値を試すには材料不足だ。年度末の需給悪化なども考えれば、いったんポジションを落と

したい水準でもある」(準大手証券トレーダー)という。

 ギリシャの債務問題について、欧州連合(EU)が最終的には資金繰りを支援する方針

を示したことで警戒感は後退しつつあるが、次の上昇シナリオは不透明だ。三菱UFJ証

券投資情報部長の藤戸則弘氏は、前日の日本株上昇が商品投資顧問業者(CTA)などの

短期筋による先物ショートポジションの巻き戻しによるものだったとみている。「これま

での売りポジションの積み上がり規模からみて、まだショートカバーが続く可能性はある

が、ロングオンリーの実需筋の動きは乏しく、国内機関投資家は戻り売りのスタンスだ。

欧州の一部諸国の公的債務問題への懸念は依然強く、再びユーロが下落しており、ユーロ

安・円高リスクも消えていない」と警戒している。「ギリシャ問題は過剰反応との見方も

あるが、積極的な財政出動の結果、多くの先進国でも財政収支は悪化している。一方で経

済の回復が鈍く税収の大幅増は期待しにくい。過剰債務をギリシャだけの問題として軽視

することはできない」(準大手証券ストラテジスト)との声も出ている。

 立花証券・執行役員の平野憲一氏は「菅直人副総理兼財務・経済財政担当相による1%

のインフレターゲット発言を受けて、きょうの日銀金融政策決定会合後の総裁会見や声明

文のなかでインフレターゲットに強調姿勢を示すような言及をすれば、あすの株式市場の

大きな材料となるだろう」と述べている。

 <ユーロ240ポイントの急反落、くすぶるソブリンリスク>

 外為市場ではユーロ/ドルEUR=が急反落。この日の東京市場でも売り地合いが続き、

一時1.3557ドルと12日につけた9カ月ぶり安値に再び接近した。前日夕方高値か

らの下げ幅は240ポイントに達した。

 海外市場で大幅なユーロ安が進んだのは、ドル上昇圧力の高まりにあったとされる。予

想を上回る米指標や、1月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録のタカ派な内容など

を受けて米金利が上昇。ドルに幅広く買いが集まったためだ。ドル/円JPY=は一時1カ

月ぶり高値となる91.39円まで上昇したほか、主要6通貨に対する値動きを示すドル

指数.DXYも7カ月ぶり高水準へあと一歩に迫った。

 同時に、ギリシャ問題をきっかけとするソブリンリスク懸念の根強さが、ユーロ売りの

手掛かりとなり続けているとの声も多い。前日の欧州市場では、ギリシャやポルトガル国

債とドイツ国債の利回り格差が小幅に縮小。ポルトガルで行われた10億ユーロの1年物

Tビル(短期証券)入札も金利が低下するなど表面上、ユーロ圏をめぐる問題は落ち着き

を取り戻している。

 しかし外為市場では、ユーロ売りの手掛かりとして、ウォールストリート・ジャーナル

紙が、イタリア行政裁判所の検事の発言として、地方自治体が行っていた通貨スワップな

どのデリバティブ取引が、今後数十年にわたり地方財政に脅威となり得るおそれがあると

警告したと伝えたことが話題となった。ギリシャ政府が通貨スワップで財政赤字を隠ぺい

した疑いがあるとの問題が大きな関心を集めていることで「他国も同様の取引があったの

ではないかとの疑いが浮上してきたことも、ユーロを売り戻す手掛かり」(都銀)となっ

た。前日までのユーロ反発局面でも「反落を予想して断続的に上値を売り続けていた向き

は少なくなかった」(外銀)という。

 (ロイター日本語ニュース:金融マーケットチーム、編集 吉瀬邦彦)

(yoshiko.mori@thomsonreuters.com;03-6441-1877;ロイターメッセージング

:hiroshi.hashimoto.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up